Grooves ヒトと会社に、きっかけを。

News

2017.03.31

地方銀行ならびに地方銀行系VCと連携し、地方企業の人材採用支援を開始いたします

groovesは、地方創生プロジェクトとして、株式会社広島ベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタル株式会社より資金調達をともなう連携を実施し、各地域の優良企業に人材採用支援を開始します。

また、あわせて、株式会社ヒトメディアと日本たばこ産業株式会社(JT)の合弁会社である株式会社ヒトトキインキュベーター、株式会社インスパイア、株式会社ヒトメディア(順不同)等より計2億円の資金調達を実施いたしました。

groovesが運営する「 クラウドエージェント 」は、全国19,084事業所(2017年1月段階)を数える有料職業紹介事業者(人材エージェント/人材紹介会社)をクラウド化し、採用企業がオンラインで求人依頼ができる国内初のクラウドソーシング(クラウドリクルーティング)プラットフォームです。

クラウドエージェント

地方銀行グループが有する優良顧客企業群の求人ニーズと、全国の人材紹介会社が保有する人材を、クラウドエージェントによって結びつけることで、Iターン、Uターンを促進し、都道府県を超えた人材の流動化を実現させ地方創生に取り組んでまいります。

総務省が17日発表した16年の労働力調査(詳細集計)によると、転職者数は前年より8万人増えて306万人となり、リーマンショック前のピーク(346万人)に向けて着実に回復が進んでいます。このため有効求人倍率は過去最高に近い1.43倍(2017年1月)となり、全国的な売り手市場となっています。各地域の優良企業にとっては非常に厳しい人材不足が続き、近隣地域の人材のみでは、十分な採用が困難な状況にあります。
(参考: http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000152925.html )

クラウドエージェントでは、全国の各領域に特化した独立系人材エージェント約450社1,000人のキャリアコンサルタントに対して、採用企業がオンライン上で簡単に求人依頼をかけることができ、すでに3,000社以上の利用実績があります。株式会社広島ベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタル株式会社との連携により、地方銀行がネットワークを持つ地元優良企業に対して、全国の人材エージェントから人材が集まる仕組みを構築してまいります。

これまでは、求職者が求人を検索する時点で、選択肢から排除されてきた「地方への転職」という、新たなキャリアを人材エージェントがプロの第三者目線で導くことで、都道府県を超えた人材の流動化を実現し、各地域の優良企業に対する採用支援を実現します。

今後も、全国の地方銀行との連携を進め、現政府が目指す成長戦略「日本再興戦略-JAPAN is BACK」の日本産業再興プランである、「雇用制度改革・人材力の強化」「科学技術イノベーションの推進」を実現に貢献いたします。尚、今回調達する資金は、地方創生担当チーム組成、クラウドエージェントのシステム強化、来るべきグローバル化に向けた知財戦略に投資する予定です。

このページの上部へ