高度外国人材の紹介開始

高度外国人材の紹介開始

人材紹介の取り扱い地域を東アジアに拡大

「働くヒトの未来を創るワークシフトインフラの構築」をビジョンに掲げる株式会社grooves(本社:東京都港区 代表取締役:池見 幸浩 以下、グルーヴス)は、東京労働局に人材紹介の取り扱い地域の追加申請を行い、今般承認されました。グルーヴスは2018年1月、マレーシアにGrooves Asia Sdn.Bhd.を設立し3月より営業を開始しておりましたが、今後もアジア各国を拠点とする人材紹介会社を中心にネットワークを順次拡大し、日本企業の人材確保支援をさらに促進してまいります。

取り扱い範囲拡大背景と目的

世界経済のグローバル化にともない、日本企業の国際競争は激化の一途をたどっています。しかし日本社会の人口減少を受け、事業拡大に必要な高度人材の慢性的な不足に陥っています。

グルーヴスでは将来的に加速する国内の人材不足に対し、日本企業に高度外国人材の紹介を行うことで国際競争力を高め間接的に日本経済の発展に寄与してまいります。

□取り扱い地域について

日本国内で就労が認められる在留資格の本人要件として、学士や修士を取得している必要があります。グルーヴスの高度外国人材の紹介は、大学進学率が高く地理的にも近い韓国、台湾の2地域における人材紹介の取り扱いから開始し、順次エリアを拡大してまいります。

今後の展開

グルーヴスでは現在、全国の地域金融系21社と連携し地方企業と都市部人材のマッチング促進を行っております。しかし地方企業の圧倒的な人材需要に対し供給は十分とは言えず、この課題解決に向け高度外国人材のポテンシャルに着目いたしました。

今後はクラウドソーシング型人材紹介プラットフォーム「Crowd Agent」やITエンジニアの成長プラットフォーム「Forkwell」など弊社サービスと連携した人材供給を開始するとともに、将来的に新規事業としてサービスの充実を目指してまいります。