全国金融系11社との戦略ネットワーク

全国金融系11社との戦略ネットワーク

グルーヴス、地域銀行系から累計4.5億円の資金調達

国内最大級の人材紹介会社プラットフォームを提供する株式会社grooves(本社:東京都港区 代表取締役:池見 幸浩 以下、グルーヴス)は、株式会社いよぎんキャピタル(本社:愛媛県松山市 代表取締役:大泉 謙一)、新潟ベンチャーキャピタル株式会社(本社:新潟県新潟市 代表取締役社長:永瀬 俊彦)、株式会社北洋キャピタル(本社:北海道札幌市 代表取締役社長:佐藤 渉)が運営するファンドと、株式会社新生銀行(本社:東京都中央区 代表取締役社長:工藤 英之)から新たに総額1.8億円の資金調達を実施致しました。また、グルーヴスでは地域金融機関との提携による地方企業支援を目指してまいりましたが、本第三者割当増資により資金調達額が累計4.5億円、出資・提携金融機関数(含む地銀系ベンチャーキャピタル)が11行・社となりました。

金融機関・地銀系ベンチャーキャピタル戦略連携の目的

急激に人口減少・人口流出が進む中、地域経済を支える地方中小企業の人材確保は喫緊の課題となっています。日本最大級の人材紹介会社プラットフォーム「Crowd Agent(クラウドエージェント)」を運営するグルーヴスが、地域企業を資金面で支える地域金融機関およびその傘下のベンチャーキャピタル、および新生銀行と提携し綿密に連携することで、地域経済活性の鍵となる人材供給に取り組んでまいります。

地方課題と人材紹介会社への期待

「Crowd Agent」は都市部の人材紹介会社を中心に約500社が利用しています。人材紹介会社には転職というライフイベントを迎えた転職候補者が日々相談に訪れており、 地方企業が都市部の人材へアプローチする最も有力な手段となります。

様々な地方課題に対し、約500社の人材紹介会社が職務経験を始め、人柄や将来志向、出身地など面談によるスクリーニングを実施いたします。これにより移住や事業承継、経営基盤人材の確保といった課題解決を目指してまいります。

地域銀行の人材紹介業、規制緩和へ

銀行の業務内容は、金融庁により定められており、これまでは地域銀行が人材紹介を行うことは出来ませんでした。しかし金融庁がこの規制を緩和する方針を23日、公表しました。これにより地域銀行では企業の人手不足に対し、経営資源となる「ヒト」の領域での本格的なビジネス展開が可能となります。

グルーヴスでは地域銀行と連携し地方企業の人材確保にいち早く取り組み、人材紹介プラットフォームを活用した地域銀行とのビジネスマッチング契約を進めてまいりました。金融庁の本方針を受け、さらなるネットワーク拡大を想定しており、47都道府県を網羅する、全国での地域銀行の提携・開拓を進めてまいります。

グルーヴスの地方連携の流れ

2017年 2月
大分ベンチャーキャピタル株式会社から資金調達
株式会社広島ベンチャーキャピタルから資金調達
9月
ごうぎんキャピタル株式会社から資金調達
10月
島根県「経営基盤人材確保」戦略連携発表
株式会社山陰合同銀行とビジネスマッチング契約締結
いわぎん事業創造キャピタル株式会社から資金調達
11月
岩手県・八幡平市との協働プロジェクト「Skill Shift」発表
ちばぎんキャピタル株式会社から資金調達
12月
株式会社大分銀行とビジネスマッチング契約締結
新潟ベンチャーキャピタル株式会社から資金調達
北海道・石狩市との協働プロジェクト「Skill Shift」発表
株式会社新生銀行から資金調達

2018年 1月
株式会社いよぎんキャピタルから資金調達
株式会社北洋キャピタルから資金調達
「働き方改革と人材確保セミナー」を山梨県・甲州市と共催